提携クリニック一覧 ホームページを見るホームページを見る

タフトブラシとは?効果・使い方・おすすめまで歯科衛生士がすべて教えます!

タフトブラシとは?効果・使い方・おすすめまで歯科衛生士がすべて教えます!

キレイライン公式ブログ担当の小田です。

最近、ネットショップやドラッグストアなどでタフトブラシを見かけることが多くなってきましたよね。

「タフトブラシって何?」

「タフトブラシにはどんなものがあるの?」

「タフトブラシを使うとどんなメリットがあるの?」

「ためしに使ってみたいけどおすすめはある?」

気になっている方も多いのではないでしょうか?

タフトブラシは、通常の歯ブラシでは磨きにくいところにも届くように工夫された、小さな毛束の歯ブラシです。

別名「ワンタフトブラシ」とも呼ばれていますが、タフトブラシと同じものなんですよ。

多くの方は、一般的な歯ブラシで歯みがきや仕上げ磨きを頑張っていると思いますが、歯ブラシだけだと磨き残してしまう可能性が高いという心配があります。

歯みがきしたのにザラザラする」「子供の磨き残しが心配」という経験は、誰もが一度はあるのではないでしょうか?

そんな磨き残しのサインも、凸凹した子供の歯も、口の中のすみずみまで届きやすい小型のタフトブラシを使うと、きれいに磨けるようになりますよ!

この記事では、歯科衛生士さんに聞いたタフトブラシを使うメリットや選び方、おすすめのタフトブラシ、使い方までを基礎から解説していきます!

これからタフトブラシを使ってみたい方も、今までに使ったことがある方も、ぜひ読んでみてくださいね。

いつもの歯磨きにタフトブラシをプラス!歯みがき効果を高めよう

タフトブラシは、毛束が小さいので歯と歯の隙間や歯と歯茎の間にも入り込みやすく、通常の歯ブラシが届きにくいところも楽に磨けるのが魅力です。

通常の歯ブラシだけで歯みがきをしていると、磨き残した部分に細菌が繁殖して、むし歯や歯周病をまねくことも。

毎日の歯みがきで磨き残しをしないためにも、すみずみまで届くタフトブラシで歯ブラシの弱点をカバーするのがおすすめなのです。

タフトブラシを使用するメリット

タフトブラシを使うと、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?それぞれをくわしく見ていきましょう。

歯ブラシが届きにくい部分の汚れをかき出し口臭予防ができる

歯と歯の隙間や、歯と歯茎の境目にある歯周ポケットは歯ブラシが届きにくく、磨き残しが多い場所です。

歯垢がたまったままになってしまうと口臭を発生する原因になることもあるので、自分では気づかないうちに「口臭い」と思われてしまうことも……!

タフトブラシは歯や歯茎のカーブにもフィットしやすいので、歯垢をしっかりとかき出してくれます。

口臭についてはこちらでくわしく解説しています。

凸凹の歯並びでも磨きやすい

顎の骨が小さい方や永久歯が大きな方は、歯並びが凸凹になりやすい傾向があります。頑張って毎日歯みがきをしていても、歯ブラシが届きにくいために、磨き残しができてしまうことも。

タフトブラシを使えば、歯並びのガタガタしたところや奥歯も磨きやすくなりますよ。

また、凸凹の歯並びが原因で磨き残しが多くなってしまう場合は、矯正することも選択肢の一つ。ワイヤーを使わずに透明のマウスピースでできる矯正歯科治療もあるので、見た目が気になって治療をためらっている方は、キレイライン矯正を試してみませんか?

透明のマウスピースで治療する「キレイライン矯正」はこちらで解説しています。

むし歯や歯周病予防ができる

歯垢にひそむ細菌(ミュータンス菌など)や糖質は、むし歯の原因となるだけでなく、実は歯周病の原因にもなると言われています。

歯垢にはさまざまな細菌がひそんでいますが、細菌が毒素を排出し歯茎に炎症を起こすことで、歯周病となってしまうのです。

歯と歯茎の健康を守るためにも、タフトブラシで磨き残しやすいところを集中的にケアしましょう。

乳歯と永久歯が混在する子供の仕上げ磨きに便利

一般的に、永久歯への生え変わりが完了するのは12歳ぐらいといわれています。

永久歯は乳歯より大きいので、乳歯と永久歯が混在する12歳ぐらいまでの時期は凸凹が多くなり、歯みがきが難しくなります。

この時期のお子さんには、親御さんがタフトブラシを使って仕上げ磨きをしてあげると磨き残しを防ぎやすくなりますよ。

子供の仕上げ磨きについてはこちらでくわしく解説しています。

歯の磨き残しが多いところランキング

磨き残しは意外にも多いものです。ちゃんと磨いているつもりでも、実は歯ブラシが届いていないかも!?

特に磨き残しやすいのは次の8つのポイントです。

1 歯と歯の間
2 歯と歯茎の間
3 歯と歯が重なっているところ
4 奥歯の奥や奥歯の溝
5 矯正装置の周り
6 前歯の裏
7 背の低い親知らず
8 抜けた歯の周りや詰め物と歯の間

ドラッグストアなどで売っている「染め出し」を使うと、どの程度磨き残しがあるかを目で見て確認できるので、気になる方は一度試してみませんか?

とくにタフトブラシの使用をおすすめしたいケース

歯みがきの仕上げとしてぜひ使って欲しいタフトブラシですが、次のような方にはとくにおすすめです。

歯並びが悪い

親知らずが生えている

矯正歯科治療中

初期むし歯や歯周病がある

歯ブラシ圧が強い

永久歯へ生え変わり途中

入れ歯をしている

口が小さいお子さんや女性

妊娠中でつわりがある

歯と歯の間や歯周ポケットなどは磨き残しが多い部分ですが、歯並びが悪いとさらに歯ブラシが届きにくくなってしまうので要注意です。

とくに永久歯に生え変わる時期の子供は、小さな乳歯と大きな永久歯が混在しています。凸凹が多く磨きにくくなっているため、親御さんがタフトブラシで仕上げ磨きをしてあげるのがおすすめです。

また、矯正歯科治療の装置やむし歯などがあると、装置や凸凹に歯ブラシが引っかかってすみずみまで磨くことが難しくなってしまいます。

このほか、妊娠中の方は口の奥まで歯ブラシを入れると吐き気を感じてしまうことがあります。タフトブラシはヘッドが小さいぶん、通常の歯ブラシより負担を感じにくいので、日常の歯みがきにもおすすめです。

タフトブラシの種類と違いで解説!おすすめタフトブラシ5選

タフトブラシにはさまざまな種類があります。それぞれの特徴を理解しておくと、どのタフトブラシを選んだらいいのかが見えてきますよ。

タフトブラシを選ぶポイント

選ぶときに見ておきたいポイントは主に3つあります。

ヘッドの形

ヘッドの形は、先端が円錐形になった「山型」と、平らな「平型」の2種類があります。

 

山型は先端が細いので、狭い隙間を磨きやすいタイプです。平型は歯茎にフィットしやすいので、歯周ポケットの奥の汚れを取り除くのに適しています。

毛の長さ

毛の長さは、1cmを超える長めのものから、5mm程度の短めのものまでさまざまです。ブラシの毛が長いと歯周ポケットの深いところまで届きやすいというメリットがあり、短めのものは汚れをかき取る力を調整しやすいというメリットがあります。

毛の硬さ

毛の硬さは、通常の歯ブラシと同様に「かため」「ふつう」「やわらかめ」の3種類が一般的です。好みや歯茎の状態、用途などによって使い分けます。

やわらかめ」は歯茎への刺激も少ないので、出血や歯肉炎・歯周病などが気になる方におすすめです。「かため」は力が入りやすくなってしまうので、歯周ポケットや細かい部分のみにピンポイントで使用するのが良いでしょう。

このようにタフトブラシには多くの種類があるので、自分に合った1本を選びたいものです。一例として、おすすめのタフトブラシをいくつか紹介していきます。

歯周ポケットが気になるなら毛先が奥まで届きやすいタイプ

ライオン DENT.EX onetuft Systema

出典:https://www.lion-dent.com/client/products/basic/onetuft.htm

  • メーカー希望患者価格:330円(税込)
  • ヘッドの形:平型
  • 毛の長さ:11.7mm
  • 毛の硬さ:かため

毛先が11.7mmと長いのが特徴です。通常の歯ブラシでは届きにくい歯周ポケットや奥歯を磨くのに適しています。

歯と歯茎の境目部分に優しい磨き心地の山型タイプ

ライオン DENT.EX onetuft S

出典:https://www.lion-dent.com/client/products/basic/onetuft.htm

  • メーカー希望患者価格:330円(税込)
  • ヘッドの形:山型
  • 毛の長さ:5~8mm
  • 毛の硬さ:やわらかめ

歯肉に接する部分を磨くのにおすすめのタフトブラシです。細かな隙間を磨きやすい山型ですが、毛がやわらかめなので歯茎の痛みが気になる方にもおすすめできます。

ガタガタした歯の重なった部分もしっかり磨ける山型タイプ

ライオン DENT.EX onetuft M

出典:https://www.lion-dent.com/client/products/basic/onetuft.htm

  • メーカー希望患者価格:330円(税込)
  • ヘッドの形:山型
  • 毛の長さ:5~8mm
  • 毛の硬さ:ふつう

やわらかすぎず、かたすぎない毛で磨き残しやすい部分をしっかりと磨けます。ガタガタの歯並びでお悩みの方にも使いやすいタイプです。

矯正器具や狭い歯間の歯みがき(歯磨き)には平型タイプ

ライオン DENT.EX onetuft Systema Short

出典:https://www.lion-dent.com/client/products/basic/onetuft.htm

  • メーカー希望患者価格:330円(税込)
  • ヘッドの形:平型
  • 毛の長さ:10.0mm
  • 毛の硬さ:かため

超極細のスーパーテーパード毛を短くカットしたタフトブラシです。コントロールしやすい毛先なので、歯の隙間やブリッジ、矯正装置のブラケット周辺などのお手入れに適しています。

矯正歯科治療でワイヤーを装着する場合、ブラケットやワイヤー周辺の磨き残しが気になるところですが、最近ではワイヤーを使わないマウスピース矯正の人気が高まりつつあります。

キレイライン矯正は着け外しができる(※)透明のマウスピースを装着するので、見た目が気にならないうえに、マウスピースを外して歯みがきができるので、磨き残しが心配な方にもおすすめです。

※1日20時間以上の装着が必要です。

マウスピースを外して歯みがきができる「キレイライン矯正」はこちらで解説しています。

お口の小さなお子様や女性にも使いやすい角度のタフトブラシ

Lapis ワンタフトブラシ ジェリー

出典:https://www.amazon.co.jp/stores/page/81F09833-B009-43F5-B39C-F8A44273FB2A?

  • 購入価格:6本セット/1,010円(税込)
  • ヘッドの形:山型
  • 毛の長さ:7mm
  • 毛の硬さ:ふつう

磨きにくい凸凹や隙間なども集中して磨きやすい、歯科医院向けに開発されたタフトブラシです。ヘッドが後ろに反っているため、奥歯の奥まで届きやすいのが特長。口が小さい方やお子様におすすめです。

【保存版】タフトブラシの正しい使い方や順番

ここからは、実際にタフトブラシを使うにあたってぜひ覚えておきたい、実践編の知識をお伝えしていきます。

今まで自己流で使ってきた方も、正しく歯みがきができているか、あらためて確認してみましょう。

タフトブラシの持ち方、動かし方

タフトブラシは、上の画像のように鉛筆の持ち方と同じように持ちます。よく手を「グー」に握って持つ方がいますが、このような持ち方をすると必要以上に強い力がかかってしまうので、ブラシの毛が広がって上手く磨けなくなってしまいます。

画像のような「ペングリップ」という持ち方をすると、毛先が広がらない適度な力で磨けるようになりますよ。

タフトブラシを正しく握れたら、鏡を見ながら磨き残しが気になるところを重点的に磨いていきます。

磨き残しが多いところランキングはこちら

このとき、食べカスや歯垢が気になるからと強い力でゴシゴシ磨かないように注意しましょう。歯茎を傷つけてしまうおそれがあります。

磨く時は、磨く場所に適したタフトブラシの動かし方がありますよ。

  • 歯茎の境目
     ⇒歯茎に沿うように毛先を動かします
  • 歯と歯の間
     ⇒小刻みに毛先を振動させます
  • 歯並びがガタガタなところ
     ⇒毛先を上下に動かして磨きます

なお、タフトブラシは通常の歯ブラシと同様、毛先が開いてきたら交換のタイミングです。毛先が開いてしまったタフトブラシを使うと正しい歯みがきがしにくくなってしまうので、時々チェックしましょう。

むし歯や歯周病予防のためのプラークコントロールについては、こちらでくわしく解説しています。

タフトブラシを使うタイミング

「タフトブラシは歯ブラシの後?先?」と悩むかもしれませんが、結論からいうと、厳密なきまりはありません

ただ、平らな面の清掃に適した歯ブラシで大きな汚れを取り除いてから、タフトブラシで歯の隙間などに残った小さな汚れを除去するのが自然な流れと言えます。

通常の歯ブラシで磨いた後に「染め出し」で磨き残しを確認すると、歯ブラシが届いていない部分がわかるので、磨き残し部分をタフトブラシで集中的に磨くのがおすすめですよ。

タフトブラシに歯磨き粉はつける?

A.タフトブラシを使う時に歯磨き粉をつけるかどうかは、とくにきめられていません

歯磨き粉がなくても、タフトブラシを小刻みに動かしたり汚れを落としたりするのに支障がないようなら、つけなくてもいいでしょう。

歯磨き粉をつける場合は、タフトブラシを使う前に新しい歯磨き粉をつけてもいいですし、通常の歯ブラシで磨いたあとに口をゆすがず、続けてタフトブラシを使う方法もありますよ。好みで使ってみてくださいね。

ちなみに、おすすめの使い方はこちら。

1.  まずは歯ブラシ
歯磨き粉はつけずに、ほんの少し濡らして全体をブラッシングする

2. 次にタフトブラシ
歯磨き粉を少量つけて気になる部分をブラッシングする

もっとくわしく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

タフトブラシを上手に使いこなして磨き残しゼロを目指そう

いつもの歯ブラシだけでは磨き残しが気になるものですが、タフトブラシを使うと小さな隙間や奥歯の奥までしっかりと磨けるようになりますよ。

とくに歯並びがガタガタになっている方や、乳歯と永久歯が混在しているお子さん、むし歯や歯周病が心配な方は磨き残しに気をつけたいものです。毎日の歯みがきにプラスして、小回りがきくタフトブラシを併用してみませんか?

また、タフトブラシにはさまざまな種類があるので、自分に合ったタフトブラシを使うことも大切です。

タフトブラシを選ぶ時に注目したいのは、次の3つのポイントです。

  • ヘッドの形
  • 毛の長さ
  • 毛の硬さ

お口の中のどの部分を重点的に磨きたいのかによって違ってくるので、「染め出し」を使って磨き残しを確認しておくと選びやすくなりますよ。

そしてタフトブラシの握り方も重要です。手を「グー」にして握るのではなく、鉛筆を持つ時のように握って、やさしい力で動かすのがきれいに磨くコツです。

小さなタフトブラシは縁の下の大きな力持ち!いつもの歯みがきを見直して、磨き残しゼロのスッキリとしたお口をめざしてくださいね!

※本記事は2022年2月時点での公式情報を元に編集したものです。最新の情報とは異なる可能性がありますので、ご注意ください。

タグ:
アプリをダウンロード 初回検診を予約する ホームページを見る

・保険適用外の自由診療となります。
・1日20時間以上の装着をお願いしております。使用状況は、歯の移動量や効果に影響します。
・キレイライン矯正では、距離0.05ミリ単位、角度0.5度単位でマウスピースを調整し、理想の歯並びに近付けるよう、綿密に治療計画を立てています。ただし実際の歯の動きには個人差があるため、必ずしも想定した通りに歯が動くという訳ではございません。
・キレイライン矯正に限らず全ての歯科矯正に共通することですが、効果や感じ方、また歯がどのくらい動くかについては個人差があり、どの矯正方法を選んだ場合でも、満足のいく治療結果が得られない可能性がございます。キレイライン矯正では、提携院ご協力の下、皆さまが理想の歯並びに近付けるよう、全力でサポートいたします。

キレイライン矯正に少しでも興味がある方は、
まずお近くの提携クリニックで
お気軽にご相談ください。

「まだやりたいか決めていない」「まずは話を聞いてから考えたい」という方でも大歓迎です。​

初回検診を予約する