提携クリニック一覧 キレイライン矯正とは?キレイライン矯正とは?

マウスピース矯正とホワイトニングはどっちが先?同時にできないケースや注意点を解説

マウスピース矯正とホワイトニングはどっちが先?同時にできないケースや注意点を解説

キレイライン公式ブログ担当の小田です。

矯正歯科治療で歯並びがきれいになると、今度は歯の黄ばみが気になってくるという人はけっこう多いんですよ。

逆に、先にホワイトニングをした人は、今まで気にしていなかった歯並びのちょっとした乱れが気になってくるようです。

そう聞くと、矯正歯科治療とホワイトニング、いったいどっちを先にしたらいいの!?と悩んでしまいますよね。

マウスピース矯正なら、矯正歯科治療もホワイトニングも両方同時にスタートできますよ

※画像はキレイライン矯正のマウスピースです。

芸能人やモデルみたいな魅力的な口元は、整った歯並びと清潔感のある白い歯が両方そろってこそ。

「両方やりたいけど、どっちが先

「両方一緒にする方法はないの

と興味を持っている人も多いと思います。

この記事では、マウスピース矯正でできるホワイトニングのメリットややり方、注意点について解説していきます。

矯正歯科治療とホワイトニングは同時にできる?

矯正歯科治療にはさまざまな装置や方法がありますが、マウスピース矯正なら、ホワイトニングが同時進行できます。

ただし、すべてのマウスピース矯正でホワイトニングを同時にできるわけではなく、おすすめできないケースもあります。

事前に注意しておきたいこともあるので、これから始めたい人はしっかりと理解しておきましょう。

マウスピース矯正なら白くキレイな歯並びを同時に目指せる

※画像はキレイライン矯正のマウスピースです。

マウスピース矯正には多くのメリットがありますが、そのうちのひとつが、矯正歯科治療に使うマウスピースをホワイトニングにも使えるという点です。

マウスピース矯正は、歯型に合わせたマウスピースを装着して、徐々に歯を動かしていく矯正歯科治療です。

歯科クリニックでできるホワイトニングには2種類あり、そのうちの1つ「ホームホワイトニング」は歯型に合わせたマウスピースの中に薬剤を注入し、歯に被せて薬剤を塗布する方法です。

どちらにも「歯型に合わせたマウスピースが必要」という共通点があるため、マウスピースがひとつあれば、矯正歯科治療もホワイトニングも同時にできるのです

キレイライン矯正はマウスピース矯正ならではのメリットを活かし、矯正歯科治療とホワイトニングを同時におこなうのがスタンダードになっています。

キレイライン矯正の初回セット

キレイライン矯正の契約内容にはホワイトニング剤が1本以上(※)含まれており、初めての方にお渡ししている「初回セット」にもホワイトニング剤が1本入っているんですよ。

※4回以上ご契約の場合の本数はクリニックによって異なりますので、クリニックに直接ご確認ください。
※年齢によってはホワイトニング剤のお渡しを控えさせていただく可能性があります。
※16歳未満の方へのホワイトニングは推奨しておりません

check✓  歯科クリニックでできるホワイトニングは2種類

歯科クリニックでできるホワイトニングには「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。

オフィスホワイトニング」は、歯科医師や歯科衛生士にしか取り扱いができない薬剤を使うホワイトニングで、クリニックの中で施術してもらいます。

もうひとつの「ホームホワイトニング」は、歯科医師に薬剤を処方してもらい、自宅で自分で施術するホワイトニングです。

キレイライン矯正でお渡ししているのは、ホームホワイトニングの薬剤です。

自宅で手軽にできて、しかも本来の歯の色より白くできるのが特長です。

ホームホワイトニングについてはこちらでくわしく説明しているので、読んでみてくださいね。

ワイヤー矯正の場合、歯列矯正中にオフィスホワイトニングをすると装置が着いている部分だけ白くならず、色ムラになってしまいます。

そのため、装置が歯の表側(表側矯正)に付いているとオフィスホワイトニングをできませんが、裏側(裏側矯正)ならできる可能性があります。

また、ホームホワイトニングは基本的にはワイヤー矯正と同時にできません。矯正装置が邪魔になり、ホワイトニング用のマウスピースをうまく着けられないためです。

アタッチメントがある場合は慎重に考えて

キレイライン矯正では、矯正歯科治療とホワイトニングを同時におこなうことができます。

しかし同じマウスピース矯正でも、インビザラインのように「アタッチメント」があるマウスピース矯正の場合は注意が必要です。

「アタッチメント」とは、樹脂でできた小さな白い突起物です。歯の表面に直接取り付けることで、マウスピースが歯に密着するのを助け、歯にかけられる力をコントロールする役割があります。

ところが、アタッチメントをつけながらホワイトニングを行うと薬剤が均等に行き渡らず、ムラができてしまう可能性があるのです。

そのため、インビザラインではマウスピース矯正とホワイトニングを同時におこなうのではなく、矯正歯科治療の前にすませるか、治療が終わってから施術するのがよいという話もあります。

アタッチメントを併用するマウスピース矯正で治療する場合は、ホワイトニングをどのタイミングでおこなうのかを慎重に考えたほうがよいでしょう。

マウスピース矯正+ホワイトニングを同時にやる2大メリット

マウスピース矯正とホワイトニングを同時におこなう場合、2つのメリットが得られます。

なぜこのようなメリットが生まれるのか、くわしく見ていきましょう。

【1】ホワイトニング専用マウスピースの製作費用が不要

ワイヤー矯正の後にホームホワイトニングをする場合、新たにホワイトニング用のマウスピースを製作する必要があります。

そのため、歯型を採取したりマウスピースを製作したりする費用が別途かかってしまうことになります

マウスピース矯正であるキレイライン矯正では、ホワイトニングのためだけのマウスピースを製作する必要はありません。

矯正歯科治療のために歯型を採取し、オーダーメイドでマウスピースを製作しているので、マウスピースの中にホワイトニング剤を注入すればホワイトニングができます。

※画像はキレイライン矯正のマウスピースです。

このように費用を抑えやすいのは、マウスピース矯正だからこその大きなメリットです。

check✓  キレイラインの費用にはホワイトニング剤最低1本分も含まれている

マウスピース矯正とホームホワイトニングは同時にできますが、治療費とは別にホワイトニング剤の料金がかかるのが一般的です。

しかしキレイライン矯正の場合は、料金の中に1本以上のホワイトニング剤(※)の料金が含まれています

ホワイトニング剤は、前歯上下12本への使用で1本あたり約7日分です。

矯正歯科治療のスタートとともにホワイトニングが始められるので、「ホワイトニングってどんな感じかな?」と考え中の方も気軽に試すことができますよ!

※4回以上ご契約の場合の本数はクリニックによって異なりますので、クリニックに直接ご確認ください。
※年齢によってはホワイトニング剤のお渡しを控えさせていただく可能性があります。
※16歳未満の方へのホワイトニングは推奨しておりません。

ホワイトニングには、ホームホワイトニング以外にもさまざまな種類があります。こちらで紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

【2】同時進行だから別々にするよりも期間が短縮できる

ワイヤー矯正の場合、矯正歯科治療が終わってからホワイトニングをするのが一般的です。

すると次のような期間がかかります。

治療とホワイトニングの期間
【矯正歯科治療】+【マウスピース制作】+【ホワイトニング】

キレイライン矯正では、矯正歯科治療に使うマウスピースの中に薬剤を注入してホワイトニングをするため、矯正歯科治療とホワイトニングが同時にできて、治療期間も短縮されます。

キレイライン矯正の治療とホワイトニングにかかる期間は次のようになります。

治療とホワイトニングの期間
 =【矯正歯科治療 & ホワイトニング】

せっかく矯正歯科治療を始めるなら、歯並びもホワイトニングも同時にしたいですよね。

※自社調べ

マウスピース矯正にはほかにもこのようなメリットがあるので、これから歯科矯正をしたい方は検討してみませんか?

  • 矯正装置が透明で目立たない
  • 着け外しができて歯みがきがしやすい(※)
  • 金属アレルギーの人でも治療できる

※キレイライン矯正の場合、1日20時間以上の装着が必要です。

マウスピース矯正治療中にホワイトニングするときの注意点

マウスピース矯正とホワイトニングを同時に行う場合、いくつか注意したいこともあります。

治療に関わる内容ですので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

ホワイトニング剤の量や装着時間はドクターの指示を守る

ホワイトニングの薬剤には、歯や歯ぐきに刺激となりやすい成分も含まれています。

早く歯を白くしたいからと、薬剤を多くマウスピースに注入してしまうと、薬剤があふれて歯ぐきに付着してしまうおそれがあります。

気づかずにそのまま放置してしまうと、歯ぐきが変色してしまったり、炎症を起こしたりしてしまう可能性があるため、使用量は必ず守ってください。

また、ホームホワイトニングで薬剤を塗布する時間は30分~2時間程度が一般的ですが、早く白くしたいからと歯科医師から指示された時間よりも長く放置してしまうと、知覚過敏などのトラブルを起こしてしまうことがあります

ホワイトニングは長く放置したからといって効果が増すわけではありません。むしろ歯や歯ぐきを傷めてしまうリスクが高まるだけです。

海外製のホワイトニング剤には睡眠中など長時間使うものもありますが、より安全にホワイトニングをするためには、薬剤の使用量や施術時間は歯科医師の指示を守ることが重要です。

痛みを感じる場合がある

ホワイトニング中は、歯や歯ぐきに痛みを感じることがあります。考えられる原因は主に次のようなものです。

知覚過敏を起こしている

ホームホワイトニングの薬剤に含まれる「過酸化尿素」という成分には、歯の表面にある保護膜を一時的に除去する作用があります。

痛みを感じたら、歯科医師から指示された使用量と使用時間を確認しましょう。

たいていは数日程度で痛みはおさまりますが、痛みが続くようならかかりつけの歯科医師に相談してください。

むし歯や傷がある

むし歯や傷があると、薬剤がしみて痛みを感じることがあります。

我慢できないほどの痛みがある場合は痛み止めを使い、むし歯があれば先にむし歯の治療を済ませてからホワイトニングをするのがおすすめです。

ホワイトニングをできないケースも

キレイライン矯正では、16歳未満の方へのホワイトニングは推奨していません。

対象年齢について法律の制限があるわけではありませんが、ホワイトニングに使う薬剤に含まれる「過酸化尿素」は歯の表面にあるエナメル質に浸透しやすい性質があります。

永久歯が未成熟な方の場合、まだエナメル質が薄く、薬剤によって知覚過敏を起こしてしまうおそれがあるため、歯科クリニックではそれぞれに施術できる年齢を定めているのが一般的です。

キレイライン矯正では16歳という年齢を目安に制限を設けており、16歳未満の方にはホワイトニングの薬剤はお渡しできない可能性があります。

詳しくは、初回検診時に歯科医師までご相談ください。

マウスピース矯正×ホワイトニング剤の使い方

マウスピース矯正を始めたら、どのようにホワイトニングをするのかも気になりますよね。

ホワイトニング剤の使い方はブランドによって多少異なるところがありますが、ここでは、キレイライン矯正のホワイトニング方法を例にとって紹介していきます。

具体的なホワイトニングのやり方

ホワイトニングは以下の手順でおこないます。

  1. しっかりと歯をみがいて汚れを落とす
  2. マウスピースの内側にホワイトニング剤を注入する
    歯1本の片面につき、米粒半分程度の分量が目安です。
    ※歯の両面をホワイトニングしたい場合は、歯1本につきお米1粒分程度が目安です。
    ※ホワイトニング剤の量が多すぎると、歯ぐきについてしまうのでご注意ください。
  3. マウスピースを装着する
    ホワイトニング剤が歯ぐきについてしまった場合は、綿棒などでやさしく拭き取りましょう。
  4. 歯科医師に指示された時間が経過するまで待つ
    ※マウスピースを装着している時間は使用する薬剤によって異なりますので、歯科医師の指示通りに装着してください。
  5. マウスピースを外す
    水やぬるま湯などで口をすすぎ、ホワイトニング剤が残らないよう、やさしくブラッシングします。
  6. マウスピースを洗う
    こちらも歯ブラシでブラッシングして、ホワイトニング剤をしっかりと落としましょう。

ホワイトニングをするタイミングと頻度

ホームホワイトニングは、2週間ほど継続して毎日おこなうのが基本です

2週間経ったらホワイトニングをお休みし、さらに白くしたい場合は、1ヶ月程度の期間を空けてから再開します。

1日のうちいつおこなうかという決まりはありませんが、ホワイトニングには1回につき2時間程度かかるため、夜の歯みがきをした後などがおすすめです。

ホワイトニングの効果を長持ちさせるためのケア

せっかく手に入れた白い歯を長持ちさせるには、日常生活の中で歯のステイン(着色汚れ)を防ぐことが大切です。

コーヒーやカレー、赤ワインなどはステインが付きやすい食品です。

食べた後は歯みがきをし、さらにホワイトニング効果のある歯みがき粉を使うのも効果的ですよ。

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングより長持ち

ホームホワイトニングは、歯科クリニックで施術するオフィスホワイトニングより効果が長持ちするのが特徴です。

一般的に、オフィスホワイトニングの効果が持続するのは3~6ヶ月程度といわれていますが、ホームホワイトニングの効果は半年~1年ほど持続します。

この違いは、薬剤と施術方法の差から生まれます。

オフィスホワイトニングは高濃度の「過酸化水素」を使うため、ホームホワイトニングより短期間で歯を白くできます。

一方のホームホワイトニングでは、資格を持たない人でも扱える「過酸化尿素」を使います。オフィスホワイトニングより即効性は期待できませんが、時間をかけて歯の内部までしっかり白くできるため、色持ちがよいのです。

マウスピース矯正期間中にホワイトニングもされたキレイラインの患者様のお写真

ここでは、実際にマウスピース矯正とホワイトニングを同時におこなったキレイライン矯正の患者様の症例画像を紹介していきます。

施術前と施術後の写真を掲載するので、ひとつの参考としてご覧ください。

【症例1】

  • 治療期間:約6ヶ月
  • 治療回数:4回
  • ホワイトニング剤使用本数:2本
  • キレイライン費用:160,000円(税込176,000円)
  • 再診料(4回):12,000円(税込13,200円)
  • 追加治療:拡大床(上下)80,000円(税込88,000円)

※効果には個人差があります。
※拡大床は、キレイライン矯正による矯正歯科治療の一環ではありません。患者様のご要望や症状により医師の判断のもと行われる「クリニックの治療」に該当しますので、詳細は提携クリニックに直接ご確認ください

【症例2】

  • 治療期間:約6ヶ月
  • 治療回数:4回
  • ホワイトニング剤使用本数:2本
  • キレイライン費用:160,000円(税込176,000円)
  • 再診料:(4回)12,000円(税込13,200円)
  • 追加治療:拡大床(上下)80,000円(税込88,000円)

※効果には個人差があります。
※拡大床は、キレイライン矯正による矯正歯科治療の一環ではありません。患者様のご要望や症状により医師の判断のもと行われる「クリニックの治療」に該当しますので、詳細は提携クリニックに直接ご確認ください。

【症例3】

キレイライン矯正の症例

  • 治療期間:約5ヶ月
  • 治療回数:4回
  • ホワイトニング剤使用本数:3本
  • キレイライン費用:160,000円(税込176,000円)
  • 再診料:(4回)12,000円(税込13,200円)

※効果には個人差があります。

【症例全体にかかる注記】
◆価格・期間の表記について
・治療回数を元に最新の料金を記載、期間は実際にかかった治療期間を記載しています。
・上記に記載している各症例の治療費用は、コースで購入した場合の費用です。1回ずつ購入したい場合は、初回のみ2万円(税込22,000円)・2回目以降5万円(税込55,000円)の費用になります。コースを組み合わせたほうが、費用が安くなります。
・再診料はクリニックによって異なりますので、詳細は通われる提携クリニックにお問い合わせください。
・来院回数はコースで契約した場合の最短の来院スケジュールで計算しています。来院回数は提携クリニックによって異なる場合があります。また歯科医師の診断により、来院回数が変更になる可能性があります。
※上記に記載している費用以外に、初回検診料3,300円(税込)~、および来院1回につき3,300円程度(税込)の再診料が別途発生します。金額は提携クリニックにより異なりますので、予約画面または通われるクリニックにご確認ください。
◆追加治療について
・追加治療(拡大床・IPR・削合・ラミネートベニア・ホワイトニングなど)には別途料金がかかります。これらはキレイライン矯正による矯正歯科治療の一環ではなく、患者様のご要望や症状により医師の判断のもと行われる「クリニックの治療」に該当します。詳細は、提携クリニックに直接ご確認ください。
・拡大床・IPR以外の追加治療につきましては、対応していない提携クリニックもあります。追加治療をご希望の方は事前にクリニックへお確かめください。
◆追加治療の費用について
・拡大床の費用は、全キレイライン提携クリニック一律で片顎4万円(税込44,000円)です。ただし、拡大床はキレイライン矯正による矯正治療の一環ではなく、医師の判断のもと行われる「クリニックでの治療」に該当しますので、料金以外の詳細につきましては通われる提携クリニックへお問い合わせください。
・IPR(歯の側面を削る治療)は、1回の処置につき3,000円(税込3,300円)で計算しています。クリニックによって費用が異なりますので、詳細は通われる提携クリニックにお問い合わせください。
◆ホワイトニングについて
・ホワイトニングの追加費用は算出しておりませんのでご注意ください。
・キレイライン矯正をご契約いただいた場合、ホワイトニング剤最低1本が料金に含まれます。ただし、16歳未満の方へのホワイトニングは推奨しておりません。そのため、年齢によってはホワイトニング剤のお渡しを控えさせていただく可能性があります。2本目以降はクリニックによって費用が異なりますので、詳細は提携クリニックにお問い合わせください。
◆その他
・お写真はすべて患者様の許可を得て掲載しています。
・掲載している症例は、治療中の方も含みます。
・症例写真に関するご不明点やご質問がありましたら、メール・LINEにてお問い合わせください。
 support@kireilign.com
 キレイライン矯正【サポート専用】はこちら

ホワイトニングと歯科矯正を同時にしたいなら、ぜひ一度キレイラインにご相談を!

矯正歯科治療で歯並びがよくなってくると、歯の黄ばみが気になりがちです。

また、「ホワイトニングだけ……」とクリニックに通い始めると、こんどは歯並びが気になってくることも。

キレイライン矯正では、矯正歯科治療とホワイトニングが同時にできます

せっかく矯正治療が終わったのに、ホワイトニングのためにまた長い間通院するのはできれば避けたいもの。

一度に両方すませて、時間を有効活用しませんか

キレイライン矯正はリーズナブルな価格でできる痛みを感じにくい矯正歯科治療です。

通常、1回の治療費は55,000円(税込)ですが、初回は半額以下の22,000円(税込)でお試しできますよ。

しかも初回価格の22,000円(税込)には、オーダーメイドのマウスピースの製作費用ホワイトニング剤1本などが含まれています。

「できれば予算を抑えたい」

「歯並びも白さも妥協したくない」

という方は、ぜひキレイライン矯正の初回検診でご相談ください。

キレイライン矯正は、歯並びも白さも理想に近づけたいあなたを応援しています

※本記事は2022年10月時点での公式情報を元に編集したものです。最新の情報とは異なる可能性がありますので、ご注意ください。
※本記事内で記載されているキレイライン矯正の料金は、2021年12月に改定された最新の情報を元に記載しています。

カテゴリ:
タグ:
アプリをダウンロード 初回検診を予約する ホームページを見る

・保険適用外の自由診療となります。
・1日20時間以上の装着をお願いしております。使用状況は、歯の移動量や効果に影響します。
・キレイライン矯正では、距離0.05ミリ単位、角度0.5度単位でマウスピースを調整し、理想の歯並びに近付けるよう、綿密に治療計画を立てています。ただし実際の歯の動きには個人差があるため、必ずしも想定した通りに歯が動くという訳ではございません。
・キレイライン矯正に限らず全ての歯科矯正に共通することですが、効果や感じ方、また歯がどのくらい動くかについては個人差があり、どの矯正方法を選んだ場合でも、満足のいく治療結果が得られない可能性がございます。キレイライン矯正では、提携院ご協力の下、皆さまが理想の歯並びに近付けるよう、全力でサポートいたします。

キレイライン矯正に少しでも興味がある方は、
まずお近くの提携クリニックで
お気軽にご相談ください。

「まだやりたいか決めていない」「まずは話を聞いてから考えたい」という方でも大歓迎です。

初回検診を予約する

・保険適用外の自由診療となります。
・1日20時間以上の装着をお願いしております。使用状況は、歯の移動量や効果に影響します。
・キレイライン矯正では、距離0.05ミリ単位、角度0.5度単位でマウスピースを調整し、理想の歯並びに近付けるよう、綿密に治療計画を立てています。ただし実際の歯の動きには個人差があるため、必ずしも想定した通りに歯が動くという訳ではございません。
・キレイライン矯正に限らず全ての歯科矯正に共通することですが、効果や感じ方、また歯がどのくらい動くかについては個人差があり、どの矯正方法を選んだ場合でも、満足のいく治療結果が得られない可能性がございます。キレイライン矯正では、提携院ご協力の下、皆さまが理想の歯並びに近付けるよう、全力でサポートいたします。

・保険適用外の自由診療となります。
・1日20時間以上の装着をお願いしております。使用状況は、歯の移動量や効果に影響します。
・キレイライン矯正では、距離0.05ミリ単位、角度0.5度単位でマウスピースを調整し、理想の歯並びに近付けるよう、綿密に治療計画を立てています。ただし実際の歯の動きには個人差があるため、必ずしも想定した通りに歯が動くという訳ではございません。
・キレイライン矯正に限らず全ての歯科矯正に共通することですが、効果や感じ方、また歯がどのくらい動くかについては個人差があり、どの矯正方法を選んだ場合でも、満足のいく治療結果が得られない可能性がございます。キレイライン矯正では、提携院ご協力の下、皆さまが理想の歯並びに近付けるよう、全力でサポートいたします。