提携クリニック一覧 ホームページを見るホームページを見る

キレイライン矯正は抜歯しない?治療方針や非抜歯での治療方法を分かりやすく説明します

キレイライン矯正は抜歯しない?治療方針や非抜歯での治療方法を分かりやすく説明します

こんにちは。キレイライン公式ブログ担当の小田です。

「親知らずは、歯科矯正治療前に抜いたほうがいいの?」

「抜歯しなくても、ちゃんと歯は動かせるの?」

などなど、キレイライン矯正を始めるにあたって、抜歯について疑問に思う方も多いはず。

矯正歯科治療には、おもに「抜歯をする治療法」「抜歯をしない治療法」があります。

なかでもキレイライン矯正は、健康な歯を極力抜かずにキレイな歯並びを目指す矯正歯科治療です。

こちらの動画をご覧ください。

キレイライン矯正は、抜歯をせずにここまで歯並びを改善することが可能です。

※上記はイメージ画像であり、患者様の実際の治療経過ではありません。
※症状によっては、抜歯が必要な場合やキレイライン矯正以外の併用治療が必要な場合もあります。

今回は

  • キレイライン矯正はなぜできる限り抜歯をしない方針なのか?
  • 抜歯を極力しないキレイライン矯正の治療方針とは?
  • なぜ抜歯をしなくてもキレイな歯並びができるのか?

このような疑問についてくわしく解説します。

親知らずがある方や抜歯について不安に思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

歯科矯正と抜歯の関係

キレイライン矯正のように、できるだけ抜歯をしない方針の治療方法もあれば、抜歯から矯正歯科治療を開始するケースもあります。

では、歯科矯正で抜歯が必要な場合とは、具体的にどういったケースなのでしょうか。

歯並びを整えるためにはスペースが必要

歯は「歯槽骨(しそうこつ)」という骨の上に生えています。

全体的に歯が大きかったり、歯に対して顎骨全体が小さかったりすると、歯がキレイに整列できずに、重なったり傾いたりということが起こります。

大人になり顎の骨の成長がストップすると、それ以上顎の大きさを整えることは難しくなります。

「大人の歯科矯正」において、そのように歯列のアーチが狭窄していることによって歯並びが悪くなっている場合、抜歯や抜歯以外の何らかの方法で処置をして歯と歯の間にスペースを確保する必要があります。

※子供の歯科矯正の場合、顎が発達途中のため、大人の歯科矯正と治療法が異なる場合があります。

歯が移動するためのスペースを作る方法

歯と歯の間にスペースを作り、今ある歯を移動させながらキレイに並べる方法は2つあります。それぞれくわしく解説します。

※顎の骨の成長がストップし、これ以上顎の発達が期待できない大人の歯科矯正のケースです。

①歯を抜いてスペースを作る

抜歯して歯と歯の間にスペースを作り、残りの歯を移動させながら矯正治療する方法です。

たとえばワイヤー矯正では、犬歯の隣にある第一小臼歯(4番)、もしくは第二小臼歯(5番)を上下左右計4本を抜歯してから、矯正治療がスタートする場合があります。

※ワイヤー矯正など、歯科矯正でいうところの「抜歯」には、一般的に親知らず(8番)の抜歯は含まれません。
※抜歯が必要でない歯並びの場合は、この限りではありません。抜歯が必要かどうかは歯科医師の診断を仰ぐ必要があります。

②歯を抜かずにスペースを作る

抜歯をせずに、歯と歯の間にスペースを作る方法は3つあります。

【歯列のアーチを広げる】

歯列のアーチを広げることによって、歯と歯の間にスペースを作っていく方法です。

この時、頬側に幅(アーチ)を広げていきます。拡大量は数mm程度で頬肉に吸収される範囲内のため、これにより顎が大きくなる(顔が大きくなる)ということはありません。

※歯列の幅が広がるスピードや拡大量には個人差があります。

【歯の側面を削ってスペースを作る】

歯と歯が隣り合って接している側面の部分を削ること(IPR)で、抜歯をすることなく歯と歯の間にスペースを作る処置です。

個人差はありますが、エナメル質の厚さは1〜3mm程度です。歯を削る際は、健康上支障のない安全な範囲(0.5mm以内)で行います。

【奥歯を移動させる】

奥歯をさらに奥に移動させ、歯と歯の間にスペースを作る方法です。奥歯を移動させるために、基本的には8番目の第三大臼歯(親知らず)を抜きます。

キレイライン矯正の治療方針は「健康な歯を極力抜かない」

「他の歯科矯正は抜歯するっぽいけど、キレイラインはなぜ抜歯しないの?」

キレイライン矯正を検討している方のなかには、このような疑問を持つ方も多いですよね。

キレイライン矯正は「健康な歯を極力抜かない」治療方針です。

併用治療で改善できる場合はそちらを優先し、「抜歯」は最終手段であると考えています。

キレイライン矯正が「抜歯」を極力しないのは、以下のような理由があるからです。

※抜歯を含む併用治療はいずれもキレイライン矯正による治療の一環ではなく、歯科医師の判断のもと行われる「クリニックでの治療」に該当します。
※キレイライン提携クリニックのなかには抜歯を行っていないクリニックもあります。

キレイライン矯正が抜歯をしない理由

抜歯によって治療計画を変更せざるを得ないリスクを避けるため

本来抜くべき歯と違う歯、本来抜いてはいけない歯を抜いてしまうと、治療計画を変更せざるを得ないリスクが高まります。

骨性癒着(アンキローシス)の例を挙げてみましょう。

骨性癒着(アンキローシス)とは、歯の根っこと歯槽骨がくっついてしまう状態のことです。基本的に骨性癒着している歯は動かすことができません。

たとえば、4番を抜歯したところ、実は隣の歯(3番)が骨性癒着している場合、3番の歯は動かないため、予定通りスペースを埋められないことになります。

この場合、治療計画を変更して「癒着した歯も抜く」などの対処が必要です。

抜歯が必要な場合は、動かしたい隣の歯が骨性癒着していないか、歯科医師が慎重に見極める必要があります。

健康な歯は1本でも残しておきたいから

健康な歯の本数が多ければ、1本あたりにかかる負担は減ります。いっぽう健康な歯を抜歯して歯の本数が少なくなるほど、1本あたりにかかる負担が大きくなるということ。

最大で合計8本抜歯(親知らずを含め)する歯科矯正もありますが、年齢を重ねても健康な歯を保つためには、なるべく抜歯せずに1本でも多く健康な歯を残したいというのがキレイラインの考えです。

抜歯を伴う全顎治療は、治療期間も長く途中で治療を終了することが一般的に困難です。

なぜなら、抜歯によって確保したスペースが埋まらないまま治療をやめてしまうと、歯と歯の間に隙間が残ってしまうからです。

また、転居や留学によって転院が余儀なくされた場合、医院によっては治療方針や最終的な歯並びのゴール、料金体系に違いが出るかもしれません。別の種類の矯正装置に着け替えて矯正歯科治療を続けなければならないというケースも。

その点キレイライン矯正は、比較的短期間かつ自分の満足のいく仕上がりで治療を終了できるというのが、大きなメリットのひとつ。

キレイライン矯正は、歯科医師と相談のうえ、患者様が満足した時点で治療を終了することが可能な「自由度の高い治療」を優先しているため、極力抜歯は行いません。

抜歯が必要な場合はコンビネーション治療を推奨

キレイライン矯正の提携クリニックでは、患者様のご要望や歯並びの症状によって、ワイヤー矯正との「コンビネーション治療」をおすすめする場合もあります。

キレイライン矯正とワイヤー矯正を併用することで、ワイヤー矯正単独の治療よりもワイヤーを装着する期間が短く済む場合もあり、見た目が気になる方にもメリットの多い治療方法です。

コンビネーション治療を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

コンビネーション治療はキレイライン矯正の一環ではなく、提携クリニック様による追加治療です。また、対応していないクリニック様もございます。

サポートに多い抜歯に関する質問あれこれ

顎に指をあてた女性

キレイライン矯正のサポートに多く寄せられる、抜歯に関する質問をまとめました。

Q. キレイライン矯正でも抜歯をするケースはありますか?

A. 症状が強く奥歯を含めたコンビネーション治療が必要な患者様には、抜歯を行うケースもあります。

ただし、キレイライン矯正では、拡大床の併用やIPR(歯の側面を削る治療)によって対応できる場合には「なるべく健康な歯を抜かない治療」を推奨しています。

※抜歯・拡大床・IPRはいずれも、キレイライン矯正の一環ではなく、医師の判断のもと行われる「クリニックでの治療」となります。拡大床は片顎4万円(税込4万4,000円)、抜歯・IPRは各提携クリニック様によって費用が異なります。
※キレイライン提携クリニック様のなかには抜歯に対応していないクリニック様もございます。

すでに、他クリニックで抜歯がお済みの場合は、まずは初回検診にて歯科医師による見解をお聞きいただくことをおすすめします。

まだ抜歯がお済みでない方は、そのまま抜歯せずに初回検診へお越しいただき、歯科医師にご相談ください。

詳細はご来院される提携クリニック様へお問い合わせください。

Q. 親知らずや乳歯・過剰歯がある場合は抜歯してから治療した方がよいですか?

A. 特別な事情がない限りは、親知らずや過剰歯は残したまま初回検診へお越しください。

乳歯については、グラグラ(動揺)させると歯根吸収(歯の根っこの歯質が溶けて歯根が短くなってしまう現象)が早く進み、自然に抜け落ちる確率が高くなってしまうことから、基本的に乳歯はなるべく動かさないことをおすすめしています。

ただし、実際に治療ができるかどうかは口腔内を確認しなければ正しい判断ができませんので、まずは初回検診にて歯科医師にご相談ください。

Q.別の矯正歯科または歯科で抜歯しないと無理と言われましたが、キレイラインでは抜歯してくれるクリニックってありますか?希望したら抜歯をしてくれますか?

A. キレイライン矯正では「なるべく健康な歯は抜かない治療」を基本方針としています。

実際に抜歯が必要かどうかは、口腔内を確認しなければ正しい判断が難しいため、まずは初回検診にて歯科医師の見解をお聞きいただくことをおすすめしています。

また、すべての提携クリニック様が抜歯対応可能というわけではありません。

詳しくは公式LINEを追加後、キレイラインサポートへお問い合わせください。

公式LINEメニュー「LINEで相談」をクリックすると、キレイラインサポート専用LINEを追加することができます。

抜歯をせずどうやってスペースを作る?

キレイライン矯正では、歯を動かすためのスペースが必要な場合、抜歯をしない代わりに、おもに2つの追加治療があります。

※紹介する治療は、キレイライン矯正ではなく医師の判断により行われる追加の治療です。詳細は提携クリニック様にお問い合わせください。

拡大床の併用

歯の症状によって、歯科医師から拡大床の併用をすすめられる可能性があります。

拡大床(かくだいしょう)とは、歯と歯の間のスペースを確保するために、歯列を頬側に拡大してスペースを作る拡大装置のことです。

真ん中にあるネジを回すことで、ゆっくりと歯列を頬側に広げていきます。

最低でも1日合計8時間以上(連続8時間ではなく数回に分けてOK )装着し、歯がきれいに並ぶスペースを作ります。

※拡大床の費用は、全キレイライン提携クリニック一律で片顎4万円(税込4万4,000円)です。

拡大床について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

IPRの実施

IPR(アイピーアール)とは、歯の側面を削り、歯と歯の間にスペースをつくる処置です。

歯の一番硬いエナメル質の一部を、歯の健康や寿命に影響しない範囲内で削ります。そのため健康な歯を抜歯せずに矯正治療が可能です。

※IPR実施には、別途料金が発生します(クリニックにより金額は異なります)。

キレイライン矯正で抜歯をせず治療を行った例

キレイライン矯正で、抜歯をせずに歯と歯の間にスペースを確保して治療した症例をご紹介します。

キレイライン矯正+拡大床

  • 治療期間:約1年(6回治療)
  • キレイライン費用:21万円(税込23万1,000円)
  • 追加治療:拡大床(上下)8万円(税込8万8,000円)

※効果には個人差があります。
※お写真はすべて患者様の許可を得て掲載しています。
※掲載している症例は、治療中の方も含みます。
※写真の色の違いは、ホワイトニングによるものではありません。
※治療回数を元に最新の料金を記載、期間は実際にかかった治療期間を記載しています。
※各症例の治療費用は、コースで購入した場合の費用です。1回ずつ購入したい場合は、初回のみ2万円(税込2万2,000円)・2回目以降4万円(税込4万4,000円)の費用になります。コースを組み合わせたほうが、費用が安くなります。
※掲載している症例は、ホワイトニング併用の場合も含みます。ホワイトニングの追加費用は算出しておりませんのでご注意ください。
※キレイライン矯正をご契約いただいた場合、ホワイトニング剤最低1本が料金に含まれます(全員対象)。2本目以降はクリニックによって費用が異なりますので、詳細は提携クリニックにお問い合わせください。
※追加治療(拡大床など)には別途料金がかかります。これらはキレイライン矯正による矯正歯科治療の一環ではなく、患者様のご要望や症状により医師の判断のもと行われる「クリニックの治療」に該当します。詳細は、提携クリニックに直接ご確認ください。

【追加治療について歯科医師からのコメント】

上顎・下顎ともに歯列のアーチが狭窄していることによる中等度の叢生、拡大床の併用をご提案しました。6回途中ですが、治療前半で拡大床を併用することにより短期間で歯の重なりが改善でき、歯が整列しました。

キレイライン矯正+IPR

  • 治療期間:約6ヶ月半(7回治療)
  • キレイライン費用:23万円(税込25万3,000円)
  • 追加治療:IPR(1回)3,000円(税込3,300円)

※効果には個人差があります。
※お写真はすべて患者様の許可を得て掲載しています。
※写真の色の違いは、ホワイトニングによるものではありません。
※治療回数を元に最新の料金を記載、期間は実際にかかった治療期間を記載しています。
※各症例の治療費用は、コースで購入した場合の費用です。1回ずつ購入したい場合は、初回のみ2万円(税込2万2,000円)・2回目以降4万円(税込4万4,000円)の費用になります。コースを組み合わせたほうが、費用が安くなります。
※掲載している症例は、ホワイトニング併用の場合も含みます。ホワイトニングの追加費用は算出しておりませんのでご注意ください。
※キレイライン矯正をご契約いただいた場合、ホワイトニング剤最低1本が料金に含まれます(全員対象)。2本目以降はクリニックによって費用が異なりますので、詳細は提携クリニックにお問い合わせください。
※追加治療(IPRなど)には別途料金がかかります。これらはキレイライン矯正による矯正歯科治療の一環ではなく、患者様のご要望や症状により医師の判断のもと行われる「クリニックの治療」に該当します。詳細は、提携クリニックに直接ご確認ください。

【追加治療について歯科医師からのコメント】

上顎・下顎ともに中等度の叢生でしたが、上顎両側の犬歯(3番)はそののまま動かさないことをご希望のため、治療前半から後半にかけて必要に応じてIPRを行いました。IPRのみで歯の移動スペースが確保され、7回でほぼ患者様のご希望どおりに歯が並びました。

キレイライン矯正+拡大床+IPR

  • 治療期間:約10ヶ月 (6回治療)
  • キレイライン費用:21万円(税込23万1,000円)
  • 追加治療:拡大床(上)4万円(税込4万4,000円)、IPR 1回3,000円(税込3,300円)

※効果には個人差があります。
※お写真はすべて患者様の許可を得て掲載しています。
※写真の色の違いは、ホワイトニングによるものではありません。
※治療回数を元に最新の料金を記載、期間は実際にかかった治療期間を記載しています。
※各症例の治療費用は、コースで購入した場合の費用です。1回ずつ購入したい場合は、初回のみ2万円(税込2万2,000円)・2回目以降4万円(税込4万4,000円)の費用になります。コースを組み合わせたほうが、費用が安くなります。
※掲載している症例は、ホワイトニング併用の場合も含みます。ホワイトニングの追加費用は算出しておりませんのでご注意ください。
※キレイライン矯正をご契約いただいた場合、ホワイトニング剤最低1本が料金に含まれます(全員対象)。2本目以降はクリニックによって費用が異なりますので、詳細は提携クリニックにお問い合わせください。
※追加治療(拡大床・IPRなど)には別途料金がかかります。これらはキレイライン矯正による矯正歯科治療の一環ではなく、患者様のご要望や症状により医師の判断のもと行われる「クリニックの治療」に該当します。詳細は、提携クリニックに直接ご確認ください。

【追加治療について歯科医師からのコメント】

上顎の叢生は中等度、下顎の叢生はほぼなしと判断し、歯が大きいこともありIPR実施をご提案しました。歯の移動量によっては、途中で拡大床併用の可能性もあることをご説明のうえ治療スタートしましたが、治療途中の歯の動きから、上顎のみ拡大床を併用することにより治療回数が少なくなると判断。さらに必要に応じIPRも併用し、気にされていた部分もきれいに並びました。患者様の判断により当初の治療計画よりも1回少なく治療終了となりました。

歯科矯正やキレイラインに関してご相談や疑問点がありましたら、サポート専用LINEを追加の上ご連絡ください。メールアドレスでも受け付けております。

support@kireilign.com

大切な歯をできる限り残しながら、きれいな歯並びを目指しましょう

笑顔の女性モデル

「年齢を重ねてもずっとキレイな歯並びでいたい」

1本でも多く健康な歯を残しておくことは、キレイな歯並びをキープし、歯全体の寿命を長く保つためにも重要です。

キレイライン矯正は

  • なるべく健康な歯を抜かない治療
  • 抜歯せずに歯を並べるためのスペースを確保
  • ワイヤーとのコンビネーション治療(※)で治療期間を短縮

が可能な歯科矯正プログラムです。

※コンビネーション治療はキレイライン矯正による治療の一環ではなく、「クリニックによる治療」です。治療に対応していない提携クリニックもございますので、詳細は直接クリニックへお問い合わせください。

「全顎矯正のような大がかりな矯正でなく、費用を抑え気軽に歯科矯正を始めたい」

そのような方に、キレイライン矯正はきっと満足度の高い歯科矯正治療となるはず。

キレイライン矯正で「抜歯をしないマウスピース矯正」を、今すぐ始めてみませんか?

※本記事は2020年11月時点での公式情報を元に編集したものです。最新の情報とは異なる可能性がありますので、ご注意ください。

カテゴリ:
タグ:
アプリをダウンロード 初回検診を予約する ホームページを見る

・保険適用外の自由診療となります。
・1日20時間以上の装着をお願いしております。使用状況は、歯の移動量や効果に影響します。
・キレイライン矯正では、距離0.05ミリ単位、角度0.5度単位でマウスピースを調整し、理想の歯並びに近付けるよう、綿密に治療計画を立てています。ただし実際の歯の動きには個人差があるため、必ずしも想定した通りに歯が動くという訳ではございません。
・キレイライン矯正に限らず全ての歯科矯正に共通することですが、効果や感じ方、また歯がどのくらい動くかについては個人差があり、どの矯正方法を選んだ場合でも、満足のいく治療結果が得られない可能性がございます。キレイライン矯正では、提携院ご協力の下、皆さまが理想の歯並びに近付けるよう、全力でサポートいたします。

キレイライン矯正に少しでも興味がある方は、
まずお近くの提携クリニックで
お気軽にご相談ください。

「まだやりたいか決めていない」「まずは話を聞いてから考えたい」という方でも大歓迎です。​

初回検診を予約する