提携クリニック一覧 初回検診を予約する初回検診を予約

キレイライン矯正中の食事はどうする?気をつけたい4つのこと

キレイライン矯正中の食事はどうする?気をつけたい4つのこと

2万円から始められる「キレイライン矯正」公式ブログ担当、小田です。

 

突然ですが、

 

「歯科矯正中=食事がしにくい」

 

といったイメージ、ありませんか?

 

確かに従来のワイヤー矯正は、矯正器具をずっと装着している状態。

装置に食べ物がくっついたり、挟まったり、引っかかってしまう事があるので、治療中の食べにくいものや、控えたほうがよい食べ物があります。 

 

しかしキレイライン矯正の場合、いつでもどこでも取り外しが可能。

(こちら↑の動画をご覧ください。このように簡単に脱着できますよ。)

 

キレイライン矯正のようなマウスピース治療の場合、「矯正治療中は食事しにくい、食べるものを選ばないといけない」といったことはく、普段と同じように食事をとることができます

 

ただし、治療中の食事面で気をつけないことや、治療を計画した期間内に完了させるために守って欲しいことがいくつかあります。

 

そこで今回は、キレイライン矯正中の食事についてご説明します。

  

キレイライン矯正治療中の食事で注意してほしいこと4つ

キレイライン矯正治療中の食事で注意してほしいことは、

  • 食事中・間食中はマウスピースを外す
  • マウスピース装着中の飲み物にも注意する
  • 食事後は口腔内を清潔にしてからマウスピースを装着する
  • 決められた装着時間を守る。食事後の着け忘れにも注意

の4つ。

食事中・間食中はマウスピースを外す

食事や間食をする際には、マウスピースの取り外しをお願いしています。

 

マウスピースをしたまま食べ物が口に入ると、歯茎の隙間に食べかすなどが入り、歯周病や虫歯の原因になってしまいます

 

チョコレートなど、口の中で溶ける糖分の入ったものも同様です。

 

また、マウスピースを装着したまま硬い食べ物を噛んだり、何かを強くかみしめると、破損の原因にもなりかねません。

 

「何か食べる=マウスピースを外す」癖をつけるようにしましょう。

↑キレイライン矯正付属のマウスピースケース

ガムや飴もマウスピースを外して

ガムや飴も、粘性が高いのでマウスピースにくっついたり、糖分が虫歯や歯周病の原因となります。

外してから噛むようにしましょう。

 

★おすすめはキシリトール100%のタブレット★

キシリトール100%のタブレットなら、マウスピースを装着しながら食べても大丈夫です!

虫歯予防にもなるのでおすすめですよ。

マウスピース装着中の飲み物にも注意する

食べ物だけでなく、マウスピース装着中は飲み物にも注意してください。

 

マウスピース装着中の飲み物は、お水や炭酸水、40度以下の白湯を飲むことをおすすめします。

 

お仕事中など、どうしてもマウスピースを取り外せない状況もあると思いますし、飲み物は装着したままでも問題ありません。

 

しかし、虫歯やマウスピースや歯への着色汚れ防止のためにも、これからご紹介する飲み物やは、なるべく外して飲まれることをおすすめします。

 

装着したまま飲んだ場合は、なるべく早くうがいや歯磨きをしましょう。

 

甘い飲み物

マウスピースを装着したまま飲んでし まうと、マウスピースと歯の間に糖分がくっつき、虫歯のリスクが高まってしまいます。

 

清涼飲料水なども要注意です。

 

お茶、コーヒー、ワインなど

色の濃い飲み物は、マウスピースや歯への着色の原因になってしまう可能性があります。

 

40度以上の飲み物

温度が高い飲み物は、マウスピースを変形させる恐れがあります。

そのためキレイライン矯正では、40度以下の飲み物を推奨しています。

 

マウスピースを装着中は虫歯になるリスクが高まるので、甘い飲み物は特に要注意です。

飲食後は口腔内を清潔にしてからマウスピースを装着する

せっかくマウスピースを外して飲食しても、口腔内に汚れや食べかすが残った状態でマウスピースを装着すると、虫歯や歯周病の原因になってしまいます。

 

食事や間食後にマウスピースを再度装着する前には、口をゆすいだり歯磨きを行い、歯とマウスピースを清潔に保ちましょう。

決められた装着時間を守る。食事後の着け忘れにも注意

キレイライン矯正がお願いしている装着時間は、1日20時間以上(就寝中を含む)。

装着時間を守らない場合、治療期間が延びてしまう可能性があります。

 

「食事中に取り外して、そのまま装着するの忘れてしまった…」

「間食のためにちょこちょこ取り外し。気づけば1日20時間にぜんぜん足りていない…」

 

↑↑治療に慣れてくると、よくあるケースです。

 

睡眠時間を含め、一日の装着時間が20時間以上になるようにしましょう。

矯正中痛みがある時にも食べやすい食事ってある?

キレイライン矯正は従来の矯正治療に比べると、比較的痛みが少ない治療法。

(キレイライン矯正の痛みが少ない理由はこちらをご覧ください)

実際に「ワイヤー矯正と比べると痛みが少ない」といった声も多くいただいています。

 

しかしマウスピース装着し始めの数日間は、痛みを感じることも。

※個人差があります

 

2〜3日で慣れる場合がほとんどですが、痛みがある時には無理して通常の食事は摂らず、小さくカットして食べたり、水分を多く含んだ柔らかい食事を摂るよう心がけましょう。

 

■歯に痛みがある時におすすめの食事

おかゆ、パン類、スープ類、柔らかく煮たうどん、卵料理など

 

※我慢ができないほどの痛みがある場合や、痛みが長く続く場合は、早めに通われている提携医院にご相談ください。

注意点を守りながらキレイな歯を目指そう

目立たず・早く・安くできるキレイライン矯正は、食事中にマウスピースを取り外しでき、食後の口腔ケアも治療前と変わらずできます。

 

治療に慣れてくれば、自分に合ったマウスピース脱着と食事のタイミングが掴めるようになるはず。

 

1日20時間以上の装着時間を守りながら、自由に食事を楽しんでくださいね。

 

※本記事は2020年3月時点での公式情報を元に編集したものです。最新の情報とは異なる可能性がありますので、ご注意ください。

カテゴリ:
タグ:
アプリをダウンロード 初回検診を予約する

・保険適用外の自由診療となります。
・1日20時間以上の装着をお願いしております。使用状況は、歯の移動量や効果に影響します。
・キレイライン矯正では、距離0.05ミリ単位、角度0.5度単位でマウスピースを調整し、理想の歯並びに近付けるよう、綿密に治療計画を立てています。ただし実際の歯の動きには個人差があるため、必ずしも想定した通りに歯が動くという訳ではございません。
・キレイライン矯正に限らず全ての歯科矯正に共通することですが、効果や感じ方、また歯がどのくらい動くかについては個人差があり、どの矯正方法を選んだ場合でも、満足のいく治療結果が得られない可能性がございます。キレイライン矯正では、提携院ご協力の下、皆さまが理想の歯並びに近付けるよう、全力でサポートいたします。

キレイライン矯正に少しでも興味がある方は、
まずお近くの提携クリニックで
お気軽にご相談ください。

「まだやりたいか決めていない」「まずは話を聞いてから考えたい」という方でも大歓迎です。​

初回検診を予約する