提携クリニック一覧 初回検診を予約する初回検診を予約

キレイライン矯正は痛い?比較的痛みが少ない理由や痛い時の対処法

キレイライン矯正は痛い?比較的痛みが少ない理由や痛い時の対処法

キレイライン公式ブログ担当「小田」です。

歯科矯正=痛い

といったイメージを矯正治療に持たれている方も多いはず。

 

キレイライン矯正も、新しいマウスピースを装着した時に「痛み」を感じることはあります。 

しかしキレイライン矯正の場合、歯の移動によって感じる痛みは2日程度で落ち着いてくることがほとんど従来の歯科矯正(ワイヤー矯正)と比べ、比較的少ない痛みでの治療が可能です。

※痛みには個人差があります。

そこで今回は、

  • 治療中に出る痛みの原因と対処法
  • なぜキレイライン矯正は他の矯正治療よりも痛みが少ないのか?

など、キレイライン矯正中の「痛み」について解説します。

キレイライン矯正中に出る痛みの原因と対処法

従来の矯正(ワイヤー矯正)と比べ痛みの少ないキレイライン矯正ですが、治療中に痛みを感じる場合があります。

「痛い」と感じる原因と対処法をまとめました。

①マウスピースを装着した時に痛む

新しいマウスピースを装着した時、歯の移動により痛みや締めつけを感じます。

キレイライン矯正の場合2日程度で痛みが解消されることがほとんどです。

<対処法>

必要に応じ鎮痛剤を服用して様子を見てください。

2日程度経っても強い痛みがおさまらず我慢できない場合は、一度マウスピースを外し、早めに通院中の提携クリニックへお電話でご相談ください。

②マウスピース交換のたびに痛む

新しいマウスピースに交換するたびに強い痛みを感じる場合があります。

<対処法>

マウスピース交換のたびに耐えられないほどの強い痛みが出る場合、歯が動ききっていない可能性があります。

通院中の提携医院までご相談ください。

②マウスピースや拡大床が、歯肉や舌に当たり痛む

※拡大床は、キレイライン矯正による矯正治療の一環ではなく、医師の判断のもと行われる「クリニックでの治療」に該当します。

マウスピースや拡大床が歯茎や舌にあたり続けると、傷や痛み、口内炎の原因になる場合があります。

<対処法>

マウスピースや拡大床が歯肉などにあたって痛い場合、通院されている提携医院で調整します。

※マウスピース受取当日、翌日でも対応可能です。提携歯科医院にご連絡のうえ、最短で来院可能な日にご予約ください。

 

遠方で通院が難しい場合、予約のご都合がつかない場合は、該当する部分のみをハサミでカットするか、紙ヤスリ、爪ヤスリなどで削ってください。

※切りすぎや削りすぎに十分ご注意ください。

ご不明点がある方、ご心配な方は、提携歯科医院までご相談ください。

➂久しぶりにマウスピースをつけた時に痛む

長期間マウスピースを装着しないでいると、歯の後戻りが起き、久しぶりに装着すると痛みが出てしまう場合があります。

<対処法>

耐えられないほどの痛みを感じられた場合は、マウスピースの使用を一時止め、早めに通院されていた提携医院までご連絡ください。

※長期間通院できない場合、歯の後戻りを防ぐため、必ず最後に装着したハードのマウスピースを1日20時間以上装着するようお願いしています。

番外編:痛みがまったく感じられない場合は治療効果がないの?

 

「まったく痛みを感じない」からと言って、「歯が動いていない」というわけではありません。

※痛みが少ないほうが歯は反発せず、スムーズに歯が動くというケースもあります。

「動いていないかも」と判断し、通院されている提携医院から伝えられた期間よりも早く、次のマウスピースを装着することは絶対にやめましょう。

 

お伝えしている装着期間は、マウスピースの素材別に十分な治験と治療データを元に定められた「最短期間」です。装着期間を早めて歯に無理な力がかかったり、移動が起こると、歯根が短くなる・歯の土台となる骨が解ける・歯の表面が露出する・歯がぐらつく・痛みが出る・歯が変色する…など、大事な歯を失う原因にもなりかねません。

 

また、「次のマウスピースがうまくはまらない」「はめた時に我慢できないほどの痛みを感じる」といった時は、1つ前のマウスピースで十分に歯が移動していない場合があります。

無理に次のマウスピースへ交換せず、装着期間を延長して様子を見てください。

キレイライン矯正の治療の痛みが少ない理由

キレイライン矯正が従来の歯科矯正(ワイヤー矯正)と比べ痛みが少ない理由は3つあります。

理由1. 硬さの違う2種類のマウスピースを交互に使っていくから

キレイラインは、ソフト・ハードの2種類を順番に装着し、歯に徐々に力をかけ動かすべき歯を移動させていく矯正歯科治療。

1回の治療の中で無理な移動がなく、少ない痛みで治療を進めることができます。

理由2. 歯ごとに最適な力がかかるよう調整されているマウスピースを使用するから

キレイライン矯正で装着するマウスピースは、精度が高い治療計画を元に製作され、歯の種類ごとに最適な力がかかるよう調整されたものを使用しています。

 

歯にかける力が強すぎたり、弱すぎたりすることなく、歯の種類ごとに合った「歯を動かすためにかけるべき力」を徐々にかけていくことができるので、必要以上の痛みがなく治療を進めることができます。

(※歯にかける力が強すぎると、痛みだけでなく歯の根がグラつく危険もあります)

理由3. とがった装置がなく口腔内を傷つけにくいから

従来の歯科矯正(ワイヤー矯正)の場合、ブラケットやワイヤーが当たって口腔内が傷つきやすくなる可能性が高くありました。

 

また、マウスピース矯正と違って取り外しができないので、食事中などに装置が食べ物や口腔内(頬の内側や歯茎など)と接触し、傷ついてしまうことも。

一方、キレイライン矯正なら取り外しが可能。

食事中や歯磨き中は取り外すことができ、尖った装置もないため口腔内が傷つきにくく、口内炎にもなりにくいのです。

痛みが少ないキレイライン矯正でキレイな歯並びを目指そう

キレイライン矯正は、

「1人でも多くの方に歯科矯正を試してほしい」

「自分らしい笑顔で笑ってほしい」

という強い想いからはじめった矯正治療。

 

低価格・短期間の治療完了だけでなく、痛みが少ないのも始めやすい特徴の1つです。

「歯科矯正したいけど痛いのは無理…」

という方に、ぜひ一度、従来の歯科矯正(ワイヤー矯正)と比べ痛みの少ないキレイライン矯正を試していただきたいです。

(キレイライン矯正は1回だけのお試しも可能な矯正治療です!)

 

痛みの少ない歯科矯正「キレイライン」で、理想な歯並びを目指しましょう。

 

※本記事は2020年4月時点での公式情報を元に編集したものです。最新の情報とは異なる可能性がありますので、ご注意ください。

カテゴリ:
タグ:
アプリをダウンロード 初回検診を予約する

・保険適用外の自由診療となります。
・1日20時間以上の装着をお願いしております。使用状況は、歯の移動量や効果に影響します。
・キレイライン矯正では、距離0.05ミリ単位、角度0.5度単位でマウスピースを調整し、理想の歯並びに近付けるよう、綿密に治療計画を立てています。ただし実際の歯の動きには個人差があるため、必ずしも想定した通りに歯が動くという訳ではございません。
・キレイライン矯正に限らず全ての歯科矯正に共通することですが、効果や感じ方、また歯がどのくらい動くかについては個人差があり、どの矯正方法を選んだ場合でも、満足のいく治療結果が得られない可能性がございます。キレイライン矯正では、提携院ご協力の下、皆さまが理想の歯並びに近付けるよう、全力でサポートいたします。

キレイライン矯正に少しでも興味がある方は、
まずお近くの提携クリニックで
お気軽にご相談ください。

「まだやりたいか決めていない」「まずは話を聞いてから考えたい」という方でも大歓迎です。​

初回検診を予約する