提携クリニック一覧 ホームページを見るホームページを見る

きちんと知りたい!リテーナーの基本知識~キレイライン矯正の総仕上げ~

きちんと知りたい!リテーナーの基本知識~キレイライン矯正の総仕上げ~

キレイライン矯正公式ブログ担当「小田」です。

実際にキレイライン矯正で治療終了された患者様のビフォーアフター写真です。

このようにキレイになった歯並び、ずっと維持したいですよね。

※左:キレイライン矯正治療前、右:キレイライン矯正治療後

  • 治療期間:1年5ヶ月半
  • 治療回数:10回
  • キレイライン費用:420,000円(税込462,000円)
  • 再診料(8回):24,000円(税込26,400円)
  • 追加治療:拡大床(上下)80,000円(税込88,000円)、IPR(4回)12,000円 (税込13,200円)、前歯削合(形態修正)あり 、左右2番ラミネートベニア使用

※効果には個人差があります。
※拡大床・IPR・前歯削合・左右2番ラミネートベニア使用は、キレイライン矯正による矯正歯科治療の一環ではありません。患者様のご要望や症状により医師の判断のもと行われる「クリニックの治療」に該当しますので、詳細は提携クリニックに直接ご確認ください。

【症例全体にかかる注記】
◆価格・期間の表記について
・治療回数を元に最新の料金を記載、期間は実際にかかった治療期間を記載しています。
・上記に記載している各症例の治療費用は、コースで購入した場合の費用です。1回ずつ購入したい場合は、初回のみ2万円(税込22,000円)・2回目以降5万円(税込55,000円)の費用になります。コースを組み合わせたほうが、費用が安くなります。
・再診料は、1回の来院につき3,000円(税込3,300円)で計算しています。再診料はクリニックによって異なりますので、詳細は通われる提携クリニックにお問い合わせください。
・来院回数はコースで契約した場合の最短の来院スケジュールで計算しています。来院回数は提携クリニックによって異なる場合があります。また歯科医師の診断により、来院回数が変更になる可能性があります。
・上記に記載している各症例の治療費用・追加治療費用・再診料以外に、初回検診料3,500円程度(税別)およびリテーナー費用2~6万円(上下・税込22,000円~66,000円)が別途発生します。6回以上のコースには、マウスピース型リテーナー(上下)が料金に含まれます。なお、保定期間中の再診料はクリニックによって異なりますので、詳細は通われる提携クリニックにお問い合わせください。
◆追加治療について
・追加治療(拡大床・IPR・削合・ラミネートベニア・ホワイトニングなど)には別途料金がかかります。これらはキレイライン矯正による矯正歯科治療の一環ではなく、患者様のご要望や症状により医師の判断のもと行われる「クリニックの治療」に該当します。詳細は、提携クリニックに直接ご確認ください。
・拡大床・IPR以外の追加治療につきましては、対応していない提携クリニックもあります。追加治療をご希望の方は事前にクリニックへお確かめください。
◆追加治療の費用について
・拡大床の費用は、全キレイライン提携クリニック一律で片顎4万円(税込44,000円)です。ただし、拡大床はキレイライン矯正による矯正治療の一環ではなく、医師の判断のもと行われる「クリニックでの治療」に該当しますので、料金以外の詳細につきましては通われる提携クリニックへお問い合わせください。
・IPR(歯の側面を削る治療)は、1回の処置につき3,000円(税込3,300円)で計算しています。クリニックによって費用が異なりますので、詳細は通われる提携クリニックにお問い合わせください。
◆ホワイトニングについて
・掲載している症例は、ホワイトニング併用の場合も含みます。ホワイトニングの追加費用は算出しておりませんのでご注意ください。
・キレイライン矯正をご契約いただいた場合、ホワイトニング剤最低1本が料金に含まれます。2本目以降はクリニックによって費用が異なりますので、詳細は提携クリニックにお問い合わせください。ただし、16歳未満の方へのホワイトニングは推奨していないため、年齢によってはホワイトニング剤のお渡しを控えさせていただく可能性があります。
◆その他
・お写真はすべて患者様の許可を得て掲載しています。
・掲載している症例は、治療中の方も含みます。

症例に関するお問い合わせは、下記メールまたは専用サポートLINEを追加の上ご連絡ください。

support@kireilign.com

どの矯正治療でも、治療期間が終わったら、リテーナーが不可欠です。

「リテーナーって何?」

「絶対つけなきゃいけないの?」

という方向けに、この記事ではリテーナーについてお伝えします。

リテーナー(保定装置)って何?

※マウスピース型リテーナー

リテーナーとは、きれいに整ったあとの歯並びを今の位置で固定させるための装置です。「保定装置」とも呼ばれます。

なぜリテーナーが必要なの?

キレイライン矯正に限らず、歯科矯正終了後に何もせずに放置していると、歯は元の位置に戻ろうとしてしまいます。これを歯の「後戻り」といいます。

歯の後戻りを防ぐのが、リテーナーの大切な役割。

歯は一生動き続けます。そのため、どんな治療方法であっても、治療が終わったらリテーナーで歯を保定することは必須。しかも、できるかぎり長く、できれば一生、リテーナーは着けたほうが良いと言われています。

また、矯正治療が終わったばかりの歯はとくに、根っこの部分が動きやすくなっています。

せっかくお金と時間をかけてきれいにした歯並びが、少しでも後戻りしたら悲しいですよね。

歯が動きやすい期間は、とくにしっかりとリテーナーで歯を保定しましょう。

どのリテーナーを選べばいい?

リテーナーにはいくつか種類があります。

キレイライン矯正では、患者様の治療前の症状やライフスタイルを考慮して、歯科医師が最適なリテーナーをおすすめします。

キレイラインが提供するリテーナーは3種類

※プレート型リテーナー、マウスピース型リテーナーのお取り扱いのない提携医院もあります。詳しくは通院される提携医院にてご確認ください。

各リテーナーの特徴や耐用期間、価格を表にまとめてみました。

特徴耐用期間(※1)価格(※2)
マウスピース型樹脂製の透明なマウスピースタイプ
※ハードのマウスピースのようなイメージです
24ヶ月程度2万円(税込22,000円)
※上下セット
プレート型歯の表面をワイヤーで固定し、内側にプラスチックプレートがついているタイプ半永久6万円(税込66,000円)
※上下セット
ワイヤー型12本の前歯の裏に細いワイヤーを接着し固定するタイプ36ヶ月程度6万円(税込66,000円)
※上下セット
※1:素材メーカー調べ。使用状況により12カ月程度で再製作が必要になる場合もあります。変形・破損が生じた場合は、早めに新しいリテーナーの再製作をおすすめします。再製作は6,600円(税込)~となります。マウスピース型リテーナーの再製作費用は、提携クリニックによって異なります。
※2: マウスピース型リテーナーは、6回以上のコースをご契約の患者様に無料提供させていただいています。詳しくはクリニックにお問い合わせください。

【タイプ別】おすすめのリテーナー

3つのリテーナーには、それぞれメリット・デメリットがあります。

ご希望やお口の中の状態、ライフスタイルなどによってどのタイプのリテーナーが良いか、提携医院の先生と相談のうえ検討してみてくださいね。

※プレート型リテーナー、マウスピース型リテーナーのお取り扱いのない提携医院もございます。詳しくは通院される提携医院にてご確認ください。

目だななさ歯みがきのしやすさ着脱の手間ランニングコスト
マウスピース型
透明だから目立たない

外して磨ける
×
食事や歯みがきのときは外す

耐用期間24ヶ月程度(※2)
プレート型×
開口時に針金が目立つ

外して磨ける
×
食事や歯みがきのときは外す

半永久的に使用可能
ワイヤー型
前歯の裏側に装着するため目立たない
×
ワイヤーが見えにくく磨きづらい(※1)

24時間着けたまま

耐用期間36ヶ月程度
※1:歯石やむし歯のリスクを防ぐため、3カ月ごとの歯のクリーニングと3年ごとのワイヤー型リテーナーの交換(いずれも有料)を必ず行ってください。
※2:素材メーカー調べ。使用状況により12カ月程度で再製作が必要になる場合もあります。変形・破損が生じた場合は、早めに新しいリテーナーの再製作をおすすめします。再製作は6,600円(税込)~となります。マウスピース型リテーナーの再製作費用は、提携クリニックによって異なります。

マウスピース型リテーナー

他のタイプのリテーナとくらべて耐久性は低い反面、前歯の捻転改善後の後戻りを防ぐのには効果的です。

ただし、歯ぎしり・噛みしめが強い方がマウスピース型リテーナーを使用されると、圧下(歯が根っこ部分へ押し込まれる現象)の原因となります。

そのため、マウスピース型リテーナーを加工(臼歯部削合)や、プレート型リテーナーの使用をおすすめする場合があります。

マウスピース型リテーナーの加工について知りたい方こちら。

プレート型リテーナー

奥歯の咬み合わせを安定させるためにはプレート型リテーナーの使用をおすすめするのが一般的ですが、前歯の捻転改善後の後戻りを防ぐには力不足です。

ワイヤー型リテーナー

3次元的にあらゆる方向に対して強力に保定できることが利点ですが、歯との接着が外れてしまったことに気づかずに過ごしてしまうと、歯が後戻りしてしまいます。

このように、ベストな保定装置というのはなく、それぞれにメリットとデメリットがあります。キレイライン矯正では、患者様の症状やライフスタイルに応じて、医師が最適な種類を診断・推奨します。

リテーナーはどうやって使うの?

では、具体的にどうやってリテーナーを使っていくのか説明しますね。

リテーナー装着期間の目安はどのくらい?

どの矯正治療方法でも移動させた歯は後戻りしやすいため、保定期間として約2年間リテーナーを装着する必要があります。

歯は加齢により一生動き続けるため、2年間の保定期間が終わった後も可能な限り長期的な使用をおすすめします。

歯以外にも歯茎、顎の骨等も加齢とともに変化するため、リテーナーを装着することにより整った歯並びを維持できるほか、後戻りのセルフチェックも可能となります。

※矯正治療後に限らず、もともと歯並びが整っていても加齢等に伴い歯並びが悪化することがあります。

「ちょっときついな」「ゆるくなってきたな」など、ちょっとした口腔内の変化にも気づきやすく、万が一後戻りが起きた場合でも小さな修正で済みます。

※使用スケジュールには個人差があります。詳細は担当医師とご相談ください。

1日のリテーナー装着時間はどのくらい?

キレイライン矯正では、治療完了後、約2年間は毎日20時間以上リテーナーを装着していただくようお願いしています。

※歯は加齢等により一生動き続けるため、できる限り長い期間、リテーナーを装着したほうがいいと考えられています。

※ワイヤー矯正の患者様も同様となります。

保定期間中の通院間隔はどのくらい?

初回リテーナーの受け取りから半年後に、リテーナーチェックを行います。また、初回チェック以降も半年おきの間隔での通院をおすすめします。

保定期間中は、経過観察として歯列の後戻りだけでなく、歯周組織や咬み合わせなども確認いたします。

※保定期間中の診療には、再診料が発生します。詳細は通われる提携クリニックにお問い合わせください。

リテーナーに関するQ&A

Q1. リテーナーのお手入れ方法って?

A. 着脱可能なマウスピース型、プレート型は、日常のお手入れが必要です。お手入れ方法は、矯正用マウスピースと同じです。

Q2. リテーナーを壊した!なくした!どうしたらいい?

A. 変形・破損した場合は、お早めにキレイライン提携歯科医院までご連絡ください。リテーナーの再製作費用は6,600円(税込)~です。(ワイヤー型の場合は、再製作に加えて再セットが必要です。)

また、マウスピース型、プレート型のリテーナーを紛失した場合も同様です。

※マウスピース型リテーナーの再製作費用は、提携クリニックによって異なります。

Q3. リテーナーがうまくはまらなくなったら?

A. リテーナーの変形・歯の後戻りが生じると、リテーナーが浮いてしまう・外れやすくなる・装着できなくなることがあります。

装着時に強い違和感を覚えたり装着できなくなったりした場合は、キレイライン提携歯科医院までご連絡ください。

診察にお越しの際は、現在ご使用している装置をすべてお持ちください。

Q4. マウスピース型リテーナーが外しにくい

A. 破損を防ぎ、長期間安心してご使用いただけるよう、マウスピース型リテーナをより丈夫な素材へ変更しました。(2021年8月)

そのため、矯正歯科治療中に装着していたマウスピースよりも硬かったり、外しにくく感じたりする場合があります。

安全にご使用いただくために加工することも 

マウスピース型リテーナーは、奥歯の部分にいくつか穴を空けてお渡しすることがあります。

穴を開ける目的はこちら。

  • リテーナーを使うことにより奥歯が沈むのを防ぐ
  • リテーナーの厚みで口が閉じにくくなるのを防ぐ
  • 矯正歯科治療中にやや沈んでしまった奥歯を元の位置に戻す

リテーナーを長期的にご使用いただくうえで、この穴には大切な働きがあります。

形状について少しでも気になることがあれば、お気軽に提携クリニックへご相談ください。

今後もキレイライン矯正では、患者様によりよい治療を提供することを目指していきます。

リテーナーで矯正の総仕上げを

キレイライン矯正を終えられた後、リテーナー生活にも慣れて、きれいになった歯のメンテナンスにとても前向きな患者様がたくさんいらっしゃいます。

最初は「面倒だな」「続けられるかな」と思っても、矯正中のような痛みもないので「続けることで歯の後戻りを防げるなら少しでも長くつけておきたい!」と考える方が多いようです。

ぜひ皆さんも、歯科医師の先生の指示どおりにきちんとリテーナーを装着して、きれいな歯並びをずっと維持してくださいね。

※本記事は2022年3月時点での公式情報を元に編集したものです。最新の情報とは異なる可能性がありますので、ご注意ください。
※本記事内で記載されているキレイライン料金は、2021年12月に改定された最新の情報を元に記載しています。

カテゴリ:
タグ:
アプリをダウンロード 初回検診を予約する ホームページを見る

・保険適用外の自由診療となります。
・1日20時間以上の装着をお願いしております。使用状況は、歯の移動量や効果に影響します。
・キレイライン矯正では、距離0.05ミリ単位、角度0.5度単位でマウスピースを調整し、理想の歯並びに近付けるよう、綿密に治療計画を立てています。ただし実際の歯の動きには個人差があるため、必ずしも想定した通りに歯が動くという訳ではございません。
・キレイライン矯正に限らず全ての歯科矯正に共通することですが、効果や感じ方、また歯がどのくらい動くかについては個人差があり、どの矯正方法を選んだ場合でも、満足のいく治療結果が得られない可能性がございます。キレイライン矯正では、提携院ご協力の下、皆さまが理想の歯並びに近付けるよう、全力でサポートいたします。

キレイライン矯正に少しでも興味がある方は、
まずお近くの提携クリニックで
お気軽にご相談ください。

「まだやりたいか決めていない」「まずは話を聞いてから考えたい」という方でも大歓迎です。​

初回検診を予約する