仕事を知る

歯科技工士・技工助手・事務職の仕事

仕事内容

歯科技工士の仕事

■クリアライナー製造
■急速拡大装置製造

歯科技工士の1日

10:00~13:00 ミーティングで当日の担当症例の確認・模型のチェック・プレスカット

朝礼で本日の業務内容を確認。各クリニックから届いた模型のチェックを行います。後に、積み残しの技工を行います。

13:00~14:00 昼食

仕事のキリがいいタイミングでお昼休憩となります。

13:00~18:00 新たなセットアップ作成・プレスカット

各クリニックの技工指示書に沿って、セットアップを作成していきます。 また、午前中に引き続きプレストカットを行います。

18:00~19:00 終礼

管理表の再確認や、納期の確認を行います。
ほとんどの日が定時あがりです。

※勤務の一例です
※勤務の一例です

技工助手、事務職の仕事

■歯科医院から届いた歯型の管理・マウスピースの注文書の整理
■注文書の内容をPCに入力
■歯科医院へのマウスピースを発送
■歯科技工士の作業補助
(型に合わせてプレスして余分なところをカットするだけの簡単なお仕事です)
■電話応対・接客など

技工助手・事務員の1日

10:00~12:00 歯科医院からの注文書の確認、技工士さんへ発注

提携している歯科医院から歯型が入った段ボールが届くので開封。
中に入っている注文書を確認して管理シートに必要事項を記載します。
そしてそれぞれの歯科医院からのオーダーを順番に技工士さんに回します。

12:00~13:00 昼食

仕事のキリがいいタイミングでお昼休憩となります。

13:00~18:00 歯科医院と電話でやりとり

歯科医院からのオーダーを管理しつつ、不明点を歯科医院に問い合わせます。
必要事項の記入漏れや、歯型の間違いなどがあるので慎重に。数が多いので注意して作業します。

15:00~18:00 発注作業

技工物が仕上がってくるので歯科医院へ発送し、管理表に記載します。

18:00~19:00 最終確認

管理表の再確認や、納期の確認を行います。
ほとんどの日が定時あがり。

※勤務の一例です
※勤務の一例です

キレイラインで働くメリット

新しい歯列矯正技術に基づく技巧経験

キレイライン矯正は、
日本ではまだあまり普及していないマウスピース
矯正技工の技術を応用した
新しい歯列矯正プログラムです。
キレイライン技工所での勤務を通して、
これまで矯正を始めたくても始められなかった多くの患者様に
今求められている技術やフィソロフィを習得いただくことができます。

矯正装置の再製率を抑える試み

再製率を低く抑えるために、医師のヒアリングから、
提携歯科との確実な連携を怠らないなど、
社員の負担を全面的に軽減できるような施策を行なっています。

基本給に加え残業代は別途支給

現在の歯科技工士の給与体系は
固定残業制であることが多いですが、
当社は勤務時間に応じて給与をお支払いしたいと考えております。
スタッフには基本給に加え、規定の終業時間をこえた分だけ、
別途手当が支給されます。

カンファレス・勉強会等を通じた
スキルアップ支援

入職したその日から、
将来を見据えて社員のスキルアップを応援します。
技工所内での勉強会はもちろん、
部でのカンファレンスの参加費等もクリニックで負担します。
社員各々に見合った成長機会を与られるように取り組んでいます。

イベントを開催し
社員同士のコミュニケーションを円滑に

コミュニケーションを重視しており、
歯科医師・歯科技工士・技工助手・事務員の垣根なく、
お互いに働きやすい雰囲気作りを心がけています。
不定期で、懇親会やレクリエーションを開催しています。

キレイライン矯正の社員割引

社員には割引制度があり、通常より安い費用で、
自分自身も綺麗な歯並びになることが可能です。

インタビュー

西田 百合子

女性も過ごしやすい環境で
"新しい分野"に挑戦。

技工士 / 西田 百合子さん

菅原 彌彦

前職の経験を糧に
"安定した"生活を求めて。

技工士 / 菅原 彌彦さん

エントリー >